Hirose Katsuki

1年 文科二類
浅野高校 (神奈川) 出身

廣瀬 克樹

沈をしても、凍えるような雨のレスキューでも、いつも変わらず涼しい顔をしている彼は、独特の雰囲気と立ち回りでもって、周囲に「カツキはいつも近くにいる」とか「カツキは淡々と仕事をこなす」という印象を与える。しかし、あいつは皆が働くなか何故か一人寝転がり、人の腕などを撫でている、という証言も同類のサボリから得られている。(となると「一人寝転がり」というのは既に矛盾しているのだが)。これが正に廣瀬という人間である。実家が八景合宿所のほど近くという地の利を生かして、隙あらば家の布団に帰ろうとするが、ハンドボール部で培った体力は未知数で、今後どのような活躍を見せるから楽しみな一人である。